2012年12月31日

きのうはあすに5

明日へ新年は、死んだ人をしのぶためにある、

心の優しいものが先に死ぬのはなぜか、

おのれだけが生き残っているのはなぜかと問うためだ、

でなければ、どうして朝から酒を飲んでいられる?

人をしのんでいると、独り言が独り言でなくなる、

きょうはきのうに、きのうはあすになる、

どんな小さなものでも、眼の前のものを愛したくなる、

でなければ、どうしてこの一年を生きていける?


『きのうはあすに』 「会社の人事 中桐雅夫詩集」 晶文社


□■□■□■□■□

2012年12月31日0時。今年も残り24時間になりました。

ゆにふりみやぎでは、毎年大晦日に中桐雅夫さんの「きのうはあすに」をお届けしておりますが、今年は年越しまで何度も噛みしめていただけるよう、日付が変わったこの時間にブログを更新しました。

2012年は皆様にとってはどのような1年だったでしょうか。

個人的には、昨年のこの日に「ぼんやりとした不安」と書いてからの1年。日々の慌ただしさの中で現れては消えゆく、この不安を抱えながらやっとここまで来たような気がします。

来年は新年早々のターニングポイントや不惑を迎えることのなりますが、多くは望まず「できることをできるだけ」を人生訓に進んでいきたいと思います(笑)。


皆様、今年も本当にお世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。

ゆにふりみやぎ 伊藤 清市

unifreemiyagi at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)││twitterでつぶやく所感・雑多 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔