2013年12月31日

新年は、死んだ人をしのぶためにある。

IMG_9079
2011.3.11羽田空港に向う首都高で見た日の出

きのうはあすに

新年は、死んだ人をしのぶためにある。

心の優しいものが先に死ぬのはなぜか、

おのれだけが生き残っているのはなぜかと問うためだ。

でなければ、どうして朝から酒を飲んでいられる?

人をしのんでいると、独り言が独り言でなくなる。

きょうはきのうに、きのうはあすになる。

どんな小さなものでも、眼の前のものを愛したくなる。

でなければ、どうしてこの一年を生きていける?


『きのうはあすに』 「会社の人事 中桐雅夫詩集」 晶文社

□■□■□■□■□
毎年ご紹介しているこの詩。今年はゆにふりみやぎにとっても、私自身にとってもとても沁みる詩になりました。
嬉しい出会いや再会もありましたが、それ以上に別れが多い1年、未だに実感が湧かない自分がいます。

ゆにふりみやぎ、とっておきの音楽祭などのソーシャルアクションも、これまで以上にやりたい自分と、正直疲れている自分との葛藤の日々です。昨年末書いたように「できることをできるだけ」でしかないんですけどね。

皆様、今年も本当にお世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。

ゆにふりみやぎ 伊藤 清市

unifreemiyagi at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく所感・雑多 

2013年10月20日

弊法人の理事についてのお知らせ(訃報)

弊法人の理事についてのお知らせ(訃報)

弊法人 理事 星 和人は、過日永眠いたしました。
生前のご厚誼に対し、深謝いたしますとともに、
謹んでお知らせいたします。

後日お別れの会を開きたいと思いますので、
皆様には改めてご案内申し上げます。

特定非営利活動法人ゆにふりみやぎ
理事長 伊藤 清市


unifreemiyagi at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく所感・雑多 

2012年12月31日

きのうはあすに5

明日へ新年は、死んだ人をしのぶためにある、

心の優しいものが先に死ぬのはなぜか、

おのれだけが生き残っているのはなぜかと問うためだ、

でなければ、どうして朝から酒を飲んでいられる?

人をしのんでいると、独り言が独り言でなくなる、

きょうはきのうに、きのうはあすになる、

どんな小さなものでも、眼の前のものを愛したくなる、

でなければ、どうしてこの一年を生きていける?


『きのうはあすに』 「会社の人事 中桐雅夫詩集」 晶文社


□■□■□■□■□

2012年12月31日0時。今年も残り24時間になりました。

ゆにふりみやぎでは、毎年大晦日に中桐雅夫さんの「きのうはあすに」をお届けしておりますが、今年は年越しまで何度も噛みしめていただけるよう、日付が変わったこの時間にブログを更新しました。

2012年は皆様にとってはどのような1年だったでしょうか。

個人的には、昨年のこの日に「ぼんやりとした不安」と書いてからの1年。日々の慌ただしさの中で現れては消えゆく、この不安を抱えながらやっとここまで来たような気がします。

来年は新年早々のターニングポイントや不惑を迎えることのなりますが、多くは望まず「できることをできるだけ」を人生訓に進んでいきたいと思います(笑)。


皆様、今年も本当にお世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。

ゆにふりみやぎ 伊藤 清市

unifreemiyagi at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく所感・雑多 

2012年09月26日

ロンドン動画集〜^^5

9月も最終週になり、仙台でも一気に秋めいてきた・・・というより、寒くなってきました
今月上旬はロンドンにいたんだなーと思うと不思議な感じがしますが(笑)、前回の写真に続いて、動画投稿サイト「YouTube」にロンドンの模様をいくつかアップしましたのでご覧ください


動画:ロンドンパラリンピック最終日の車いすマラソンを沿道で応援しました!


動画:ロンドンといえばビッグベン!車中から撮影しました(笑)


動画:残念ながら乗れませんでしたが、テムズ川の両岸を結ぶケーブルカー(こちらではロープウェイではなくこう呼ぶそうで-す)です。

番外編写真
スポークカバー

写真:パラリンピック会場貸し出し車いすのスポークカバー

かっこいいですよね

unifreemiyagi at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやくイベント | 県外

2012年09月17日

帰国から1週間!5

車いすマラソン
写真:ロンドンパラリンピック車いすマラソンを沿道から応援

前回のブログでロンドン着をご報告しましたが、先週火曜日無事帰国しましたもう1週間になるので、時差ぼけ言っている場合でもないのですが、まだ毎日眠いです(笑)

ストークマンデビル病院
写真:パラリンピック発祥の地と言われる、ロンドン郊外のストークマンデビル病院

今回は仙台市の障害者国際交流事業として、パラリンピック日本選手団(特に仙台市出身者)の応援、地元障害者団体との福祉懇談会、そして観光と盛りだくさんの内容でしたが、上の写真にありますように最終日に車いすマラソンを沿道から応援できたのは、本当に感激しました

オリンピックスタジアム
写真:オリンピックスタジアム。タワーが印象的ですね

あまりに凝縮された1週間だったので、ご報告することが多いのですが、ゆにふりのお楽しみである?経由地ソウルとロンドン各所のトイレなどのバリアフリー情報をフェイスブックに載せましたので、どうぞご覧下さい!

ソウル・ロンドンの車いす対応トイレあれこれ(facebookのページに移動します)

unifreemiyagi at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)twitterでつぶやく県外 | 所感・雑多